家へ帰ろう

アクセスカウンタ

zoom RSS アガスタキ・プリングレーとカラミンサ

<<   作成日時 : 2013/06/18 15:57   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像

バラの棚の下の、、手すりに鉢を、、、、外から写すと、、こんな感じ、、、(数日前)







画像

ブドウ棚の中から写すと、、こんな感じ、、室内からも、、、、(今日)

咲き終わりそうな花穂をカットしました、、そしてちょっとお日様を求めて、

枝が外に曲がって来た(笑)








画像

パソコンをしながら外を見ると、、こんな感じ、、網戸越しに写しました







画像

目を上に向けると、、ブドウが、、、、今年も豊作の予感♪

ちょと房を剪定しよう、、と、夫さんに言ったけど、、全部残しておくのだって、、、

、、、房の先を剪定だけは了解してもらったけど、、、

こんなに多く全部熟れるかしら








画像

カラミンサ、、小さな白い花、、、バラの足下で咲き出しました♪














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あぶくさん、こんにちは〜。
雨になりました、水遣りから解放されてラクチンです。
花よりも葡萄に目が釘付けの私、やっぱり食いしん坊(笑
すごい房ですね、重そうだわ〜。
あぶくさんちのアガスタキは背が高いですね。
うちはもっとコンパクトな株です。
本当にいい香りがして癒されます、種をありがとうございました。
カラミンサはまだ花が咲きません、もう少しかかるかな?
Sai
2013/06/18 18:32
こんばんはこちらも今日、梅雨入りしました。
先週も雨の日が続いていたのですよ。
葡萄は、立派ですね。
葡萄狩りに行きたいな〜♪
房の先切るのですか?
先ちょが甘いのでは?
楽しみですねぇ。
ヤマト
2013/06/18 19:17
Saiさん、こんばんは〜
今日も雨ですね、、ほんと水やりラクチン〜(笑)
でも、長雨は、、勘弁して欲しいけど、、ね(^^)
今年のブドウ、、凄いですよ、毎年一枝に一房だけ実らすのだけど、、
今年は、2房も3房も、、そのまま、、、
夫さんが、全部置いといてと、、欲を出して
きっと上手く色付かないと思いますが、
知らない〜〜〜(爆笑)。

アガスタキ、、昨年からの冬越し株が一番大きく育っています、
多年草扱いで育てると、手間がかからず、良かったです♪
ラムネのあぶく
2013/06/19 20:26
ヤマトさん、こんばんは〜
遅い梅雨入りですね、、こちらもやっと梅雨らしい天気に、、、
でも、又台風がやって来てるのが、怖いですね。
ブドウは先の方が熟れるのが一番後になるから、肩の方が甘いんだって、
毎年房を3分の1位切ってるのですよ(^^v
お盆過ぎに熟れる予定〜ですよ(笑)
ラムネのあぶく
2013/06/19 20:29
お〜、やっぱり大きいですね。そして、お行儀がいいのがやっぱりいい!
イメージとしては、このサイズだったのですよ。でも、我が家では今のところ、ちょうどいいです。
みんなで同じ香り・・・嬉しいです
ぶどう、たさくんだし実がかわいいですね〜。果物は生で食べるのが一番美味しい気が・・・いっぺんにたくさん採れるのも考えものですね。
ちゅう
2013/06/19 20:48
ちゅうさんへ♪
今年は昨年よりちょっと花が少ないかも、、、
手をかけてないので、それなりの成長ですね(笑)
ブドウ、、半分位実を落としたいのですが、夫さんがね、、、
何も分からないのに、口出しだけは多くて(^^;
一房実らせるのに、葉っぱが何枚必要、、とか話しても見たけど、
まあ、上手く実が熟れなかったら来年はおとなしくなるかな?、、、
そう、、2年前は冷凍にしたけど、、
今年は毎日ブドウ攻めにしてやろうかな(笑)
ラムネのあぶく
2013/06/20 14:47
こんばんは
久しぶりです
梅雨時のうっとおしさが解消されそうな、さわやか・・・
レ―スのカーテンのイメージですね

ブドウすごいですね、剪定するの勇気が要りますね
解ってはいるのですが・・・・
こちらは、琵琶が甘くて美味しいです
ご近所に配ってはいるのですが
忙しくて、つまんで食べています
がこ
2013/06/20 19:33
がこさん、こんにちは〜
こちらは降り出したら、とまりません、、
大雨警報が出てます(^^;
雨が欲しいと思ってたけど、、お日様が恋しいです。

こちらも道ばたとかにも、枇杷がいっぱい熟れています、
今年は豊作の年みたいだけど、、まだ枇杷は口には入ってません、
あ〜食べたいな、口の中に甘い汁が、、、(笑)

さあ、夫さんが昼寝の間に、、ちょっと内緒でブドウの剪定しようかな、、、
ラムネのあぶく
2013/06/21 14:05
アガスタキ・プリングレーとカラミンサ 家へ帰ろう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる